研究業績

2017年度(平成29年度)

2016年度(平成28年度)

論文

Takashiro Oshima and Tadashi Wadayama, ``Index ARQ Protocol for Reliable Contents Distribution over Broadcast Channels,'' IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences,Vol. E100.A, No. 3, pp. 832-838 (2017)

Hiroki Mori and Tadashi Wadayama, ``Band Splitting Permutations for Spatially Coupled LDPC Codes Achieving Asymptotically Optimal Burst Erasure Immunity,'' IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol. E100.A,No. 2, pp. 663-669 (2017)

Tadashi Wadayama, ``Non-Adaptive Group Testing based on Sparse Pooling Graphs,'' IEEE Trans. Inform. Theory, VOL. 63, NO. 3, pp.1525-1534 (2017)

Hiroki Mori, Tadashi Wadayama, ``Performance Analysis based on Density Evolution on Fault Erasure Belief Propagation Decoder,'' IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, EA, Vol. E99.A, No. 12, pp. 2155-2161 (2016)

Tadashi Wadayama, Taisuke Izumi, and Kazushi Mimura, ``Bitwise MAP Estimation for Group Testing based on Holographic Transformation, '' IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, EA, Vol. E99.A, No. 12, pp. 2147-2154 (2016)

Akiyuki Yano, Tadashi Wadayama, ``Probabilistic Analysis of the Network Reliability Problem on Random Graph Ensembles, '' IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, EA, Vol. E99.A, No. 12, pp. 2218-2225 (2016)

国際会議

Takafumi Nakano, Tadashi Wadayama, ``On Zero Error Capacity of Nearest Neighbor Error Channels with Multilevel Alphabet,'' International Symposium on Information Theory and Its Applications (ISITA), (2016)

Yoju Fujino, Tadashi Wadayama, ``A Construction of Non-Binary WOM Codes based on Integer Programming, '' International Symposium on Information Theory and Its Applications (ISITA), (2016)

Shinya Fukumoto, Tadashi Wadayama, ``Iterative Erasure Correcting Algorithm for q-ary Reed-Muller Codes based on Local Correctability,'' International Symposium on Turbo Codes and Iterative Information Processing, Brest, to appear (2016)

Hiroki Mori, Tadashi Wadayama, ``Performance analysis of fault erasure belief propagation decoder based on density evolution,'' IEEE International Symposium on Information Theory, Barcelona, June (2016)

Tadashi Wadayama, Taisuke Izumi, ``Bounds on asymptotic rate of capasitive crosstalk avoidance codes for on-chip buses, '' IEEE International Symposium on Information Theory, Barcelona, June (2016)

口頭発表

平田 和哉,和田山 正, ``最大クリーク探索に基づく誤り訂正能力を持つ容量性クロストーク制約符号の構成法'',電子情報通信学会,3/23, 名古屋, 2017
寺田 哲彦,和田山 正, ``分割制約条件付き Lasso 回帰によるスパース重ね合わせ符号の性能評価'',電子情報通信学会,3/23, 名古屋, 2017
今西 真之,和田山 正, ``自己符号化器に基づいた非可逆圧縮手法の提案と評価'',電子情報通信学会,3/23, 名古屋, 2017
寺島 由裕,伊藤 大輔,和田山 正 ``ニューラルネットワークを用いたスパース信号推定'', 情報理論とその応用シンポジウム, 12/15, 高山, 2016
伊藤 大輔,和田山 正, ``2値圧縮センシングにおけるニューラルネットワークを用いたスパース信号復元'', 情報理論とその応用シンポジウム, 12/15, 高山, 2016
福本 真也,和田山 正, ``q元リード・マラー符号の局所訂正可能性を利用した反復消失訂正アルゴリズム, '' 電子情報通信学会技術研究報告(情報理論), 5/20, 小樽, 2016
伊藤 大輔,和田山 正, ``線形計画法による復号が可能な多重置換符号の構成, '' 電子情報通信学会 情報理論研究会, 情報理論とそのサブソサイエティ学生優秀発表賞受賞, 7/29, 福岡, 2016

ポスター発表

中野 貴文,和田山 正, ``勾配情報を利用したビットフリップ型最大カット探索アルゴリズム'', 情報理論とその応用シンポジウム, 12/15, 高山, 2016
平田 和哉,和田山 正, ``誤り訂正能力を持つ容量性クロストーク制約符号の構成法'', 情報理論とその応用シンポジウム, 12/15, 高山, 2016

共同研究等・グラント

科研費基盤研究 (B)(分担者)非線形観測による推定の新展開 科研費基盤研究(B) (分担者) LatticeNET: Practical Lattice Codes for Cooperative Wireless Networks

修士論文・卒業研究報告

(修士論文) 藤野 陽樹: 整数計画法に基づく固定レート WOM 符号の構成法の提案
(修士論文) 寺島 由裕: ニューラルネットワークを用いたスパース信号復元
(卒研報告) 今西 真之: 2値化自己符号化器を用いた非可逆圧縮手法の提案
(卒研報告) 寺田 哲彦: スパース重ねあわせ符号におけるセクション制約付きLasso回帰の復号特性
(卒研報告) 平田 和哉: 単一誤り訂正可能な容量性クロストーク制約符号の構成法
(卒研報告) 森山 敬太: センサーネットワークにおけるノード故障耐性を持つデータ集約方式

2015年度(平成27年度)

国際会議

Tadashi Wadayama, ``Evaluation of symmetric mutual information of the simplified TDMR channel model, ''IEEE Globecom, San Diego, Dec. (2015)
T.Wadahyama, (Invited) ``Coding and combinatorial optimization,''IEEE Seminar on Future Directions in Information Theory and Communications,South Africa, 16-21 August, (2015)
Tadashi Wadayama, Taisuke Izumi and Hirotaka Ono, ``Subgraph domatic problem and writing capacity of devices with restricted state transitions,'' IEEE International Symposium on Information Theory, Hong Kong, June (2015).
Tadashi Wadayama, Taisuke Izumi and Kazushi Mimura, ``Bitwise MAP estimation for group testing based on holographic transformation,'' IEEE International Symposium on Information Theory, Hong Kong, June (2015).

口頭発表

寺島 由裕, 和田山 正,``簡易数理TDMRモデルにおける相互情報量について'', 電気情報通信学会 総合大会, 3/15, 福岡, 2016
森 宏樹, 和田山 正,``フォールト消失BP復号器のモデリングと密度発展法に基づく性能解析'', 誤り訂正符号のワークショップ, 9/2, 岡山, 2015
森 宏樹, 和田山 正,``フォールト消失BP復号器のモデリングと密度発展法に基づく解析'', 情報理論とその応用シンポジウム, 12/25, 岡山, 2015
大島 貴弘, 和田山 正,``アドホックネットワークの支配集合分割を利用したコンテンツ配布方式'', 電気情報通信学会,1/18,大阪, 2016
藤野 陽樹, 和田山 正,``整数計画法に基づくマルチレベルフラッシュメモリに適したWOM符号の構成'', 電気情報通信学会,3/11,東京, 2016
中野 貴文, 和田山 正,``再隣接点誤り多レベル通信路のゼロエラー容量の漸近評価'', 電気情報通信学会,3/11,東京, 2016

共同研究等・グラント

科研費基盤研究 (B)(代表者)確率的手法に基づく符号理論の新展開
科研費基盤研究(B) (分担者) LatticeNET: Practical Lattice Codes for Cooperative Wireless Networks
ストレージ研究推進機構(SRC)

修士論文・卒業研究報告

(修士論文) 大島 貴弘: アドホックネットワークの支配集合分割を利用したコンテンツ配布方式
(修士論文) 森 宏樹: フォールト消失BP復号器の密度発展法に基づく性能解析
(卒研報告) 伊藤 大輔: 線形計画法による復号が可能な多重置換符号の構成
(卒研報告) 中野 貴文: 最隣接点誤り多レベル通信路のゼロエラー容量の漸近評価
(卒研報告) 福本 真也: リード・マラー符号の局所訂正可能性を利用した反復消失訂正アルゴリズム
(卒研報告) 村木 隼也: 通信コストを考慮した局所修復可能符号の構成

2014年度(平成26年度)

論文

Daichi Yugawa, Tadashi Wadayama, ``Finite Length Analysis on Listing Failure Probability of Invertible Bloom Lookup Tables,'' IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol.E97-A, No.12, pp.2309-2316 (2014)
Yuki Fujii, Tadashi Wadayama ``Probabilistic Analysis on Minimum s-t Cut Capacity of Random Graphs with Specified Degree Distribution,'' IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol. E97.A (2014) No. 12 pp. 2317-2324 (2014)

口頭発表

和田山 正, ``Challenges on Signal Processing for TDMR Systems'', SRC信号処理部会報告会, 5/29, 東京, 2014
大島 貴弘, 和田山 正,``インデックス符号を利用したブロードキャスト再送方式について'', 情報理論研究会, 7/19, 神戸, 2014
森 宏樹, 和田山 正,``検査行列の列置換による空間結合符号のバースト消失訂正能力の向上'', 情報理論研究会, 7/19, 神戸, 2014
小川 聖至, 和田山 正, ``GDBF復号法の最近の研究動向(サーベイ)'', 誤り訂正符号のワークショップ, 9/17, 千葉, 2014
和田山 正,``On Writing Capacity of Memory Devises with Restricted State Transitions'', 第37回 情報理論とその応用シンポジウム(SITA 2014), 12/10, 宇奈月, 2014
森 宏樹, 和田山 正,``ベース行列の列置換による空間結合符号のバースト消失訂正能力の向上'', 第37回 情報理論とその応用シンポジウム(SITA 2014), 12/11, 宇奈月, 2014
大島 貴弘, 和田山 正,``インデックス符号を利用したブロードキャスト再送方式の性能評価'', 第37回 情報理論とその応用シンポジウム(SITA 2014), 12/12, 宇奈月, 2014

共同研究等・グラント

科研費基盤研究 (B)(代表者)確率的手法に基づく符号理論の新展開
科研費基盤研究(B) (分担者) LatticeNET: Practical Lattice Codes for Cooperative Wireless Networks
ストレージ研究推進機構(SRC)

卒業研究報告

(卒研報告) 川口 王嗣: 2次元磁気記録方式に適した2次元符号の構成に関する研究
(卒研報告) 寺島 由裕: 補助情報を用いた噴水符号の構築と性能評価
(卒研報告) 陳 冠元: インデックスARQ方式に関する符号化アルゴリズムの改良
(卒研報告) 小川 聖至: NGDBF復号法の復号性能の向上
(卒研報告) 藤野 陽樹: ADMM法に基づく格子復号法に関する研究

2013年度(平成25年度)

論文

木全 佑輔, 和田山 正, ``多元LDPC符号に適したバースト誤り訂正アルゴリズム'', 電子情報通信学会論文誌 A Vol.J96-A No.3 pp.117-124, 2013

国際会議

Tadashi Wadayama, ``An Analysis on Non-Adaptive Group Testing based on Sparse Pooling Graphs'', IEEE International Symposium on Information Theory (ISIT2013), Istanbul, 2013
Yuki Fujii, Tadashi Wadayama, ``An Analysis on Minimum s-t Cut Capacity of Random Graphs with Specified Degree Distribution'', IEEE International Symposium on Information Theory (ISIT2013), Istanbul, 2013
Daichi Yugawa, Tadashi Wadayama, ``Finite Length Analysis on Listing Failure Probability of Invertible Bloom Lookup Tables'', IEEE International Symposium on Information Theory (ISIT2013), Istanbul, 2013

口頭発表

和田山 正,``正規因子グラフとホログラフィック変換'', 誤り訂正符号のワークショップ, 9/25, 沖縄 カルチャーリゾートフェストーネ, 2013
湯川 大地, 和田山 正,``消失誤りを伴うInvertible Bloom Lookup Tablesの性能評価'', 情報理論研究会, 9/27, 沖縄 カルチャーリゾートフェストーネ, 2013
大槻哲央, 和田山 正,``並列復号に適したプロトグラフ叉状結合型空間結合符号'', 情報理論研究会, 9/27, 沖縄 カルチャーリゾートフェストーネ, 2013
湯川 大地, 和田山 正, ``Biff CodesとIBLTの性能解析'', 第36回 情報理論とその応用シンポジウム(SITA 2013), 11/27, 伊東, 2013
大槻 哲央, 和田山 正, ``叉状接続プロトグラフ符号の復号性能の評価'', 2014年度電気情報通信学会総合大会, 3/20, 新潟, 2014
吉田 恭平, 和田山 正, ``並列処理に適したGDBF復号法の提案'', 2014年度電気情報通信学会総合大会, 3/20, 新潟, 2014

共同研究等・グラント

科研費基盤研究 (B)(代表者)確率的手法に基づく符号理論の新展開
科研費基盤研究(C) (分担者) 高密度不揮発性ストレージシステムに適した信号処理・符号化方式の開発
ストレージ研究推進機構(SRC)

修士論文・卒業研究報告

(修士論文) 大槻 哲央: 並列復号に適した叉状接続プロトグラフ符号
(修士論文) 藤井 勇樹: 次数分布を指定したランダムグラフにおける最小カット重みの確率的解析
(修士論文) 湯川 大地: 可逆ブルームテーブルのリストアップ性能に関する理論解析
(卒研報告) 大島 貴弘: インデックス符号を利用したブロードキャスト再送方式の提案と性能評価
(卒研報告) 水田 渉: 可逆ブルーム表のセルの利用効率の改良に関する研究
(卒研報告) 森 宏樹: バースト消失に対する空間結合符号の性能向上に関する研究
(卒研報告) 吉田 恭平: 並列処理に適したParallel Gradient Descent Bit Flipping復号法の提案

2012年度(平成24年度)

論文

Tadashi Wadayama, Manabu Hagiwara, ``LP Decodable Permutation Codes based on Linearly Constrained Permutation Matrices,'' IEEE Trans. Inform. Theory, pp.5454-5470, vol.58, no.6, Aug. (2012)

国際会議

Taisuke Izumi and Tadashi Wadayama, ``A new direction for counting perfect matchings'', Annual IEEE Symposium on Foundations of Computer Science (FOCS 2012), New Brunswick (2012)
Kazushi Mimura, Tadashi Wadayama,and Yoshiyuki Kabashima, ``Average growth rate of low-density generator-matrix codes ensembles'', International Symposiumm on Information Theory and Its Applications (ISITA 2012), Honolulu (2012)
Akiyuki Yano, Tadashi Wadayama, ``Probabilistic Analysis of the Network Reliability Problem on a Random Graph Ensemble'', International Symposium on Information Theory and its Applications (ISITA 2012), Honolulu (2012)
Yuki Fujii, Tadashi Wadayama, ``A Coding Theoretic Approach for Evaluating Accumulate Distribution on Minimum Cut Capacity of Weighted Random Graphs'', International Symposium on Information Theory and its Applications (ISITA 2012), Honolulu (2012)

口頭発表

妹尾 健太, 和田山 正,``非対称な書き換えコストを持つストレージ媒体に適したコセット符号化'', 電子情報通信学会総合大会, 3/19, 岐阜大学, 2013
湯川 大地, 和田山 正,``有限サイズのInvertible Bloom Lookup Tablesの性能評価'', 情報理論研究会, 3/8, 関西学院大学 大阪梅田キャンパス, 2013
和田山 正,``An Analysis on Non-Adaptive Group Testing based on Sparse Pooling Graphs'', 情報理論研究会, 3/8, 関西学院大学 大阪梅田キャンパス, 2013
小林 豊, 和田山 正,``2次元重み制約に適した反復コセット符号化法'', 情報理論研究会, 3/7, 関西学院大学 大阪梅田キャンパス, 2013
藤井 勇樹, 和田山 正, ``イレギュラーランダムグラフにおける最小s-tカット重みの確率的解析'', 第35回 情報理論とその応用シンポジウム(SITA 2012), 12/13, 別府, 2012
矢野 暁之, 和田山 正, ``イレギュラーグラフにおけるネットワーク故障率の確率的解析'', 第35回 情報理論とその応用シンポジウム(SITA 2012), 12/13, 別府, 2012
小林 豊, 和田山 正,``Iterative Coset Coding for Two-Dimensional Constraint Codes'', SRC信号処理部会報告会, 11/21, 湯河原, 2012
藤井 勇樹, 和田山 正,``符号の重み分布に基づくランダムグラフにおける最小カット重み分布の解析'', 情報理論研究会, 5/25, 福岡県立飯塚研究開発センター, 2012

修士論文・卒業研究報告

(修士論文) 小林 豊: 2次元重み制約に適したコセット符号化に関する研究
(修士論文) 妹尾 健太: 非対称な書き換えコストのかかる記憶媒体に適したコセット符号に関する研究
(修士論文) 矢野 暁之: ランダムグラフにおけるネットワーク故障率の確率的解析
(卒研報告) 井坂 一貴: グループテストにおける列照合アルゴリズムの改良に関する研究
(卒研報告) 菅原 和貴: スライディング窓復号法の誤り率特性に関する研究
(卒研報告) 吉川 靖起: グループテストにおけるビタビアルゴリズムを用いた MAP 推定の研究

共同研究等・グラント

ストレージ研究推進機構(SRC)
パナソニック アドバンストテクノロジー
科研費基盤研究(C) (代表者) 凸最適化手法に基づくLDPC符号の復号法とその応用
科研費基盤研究(C) (分担者) 高密度不揮発性ストレージシステムに適した信号処理・符号化方式の開発

2011年度(平成23年度)

論文

鈴木理気, 和田山正, ``平均性能を指標としたIndex-less Indexed フラッシュ符号,'' 電子情報通信学会和文誌A, Vol.J94-A No.12, pp.991-1000, 2011
伊藤 慎吾, 和田山 正、``2次計画法に基づく同期CDMAマルチユーザ検出アルゴリズム,'' 電子情報通信学会論文誌.A, Vol. J94-A, No.8, 649-656, 2011

国際会議

Tadashi Wadayama (Nagoya Institute of Technology, Japan); Manabu Hagiwara (Advanced Industrial Science and Technology, Japan), LP decodable permutation codes baased on linearly constrained permutation matrices, Proceedings of IEEE International Symposium on Information Theory (ISIT2011), St.Pertersburg (2011)
Kazushi Mimura (Hiroshima city university, Japan); Tadashi Wadayama (Nagoya Institute of Technology, Japan); Toshiyuki Tanaka (Kyoto University, Japan); Yoshiyuki Kabashima (Tokyo Institute of Technology, Japan), Average error exponent of undetected error probability of binary matrix ensembles, Proceedings of IEEE International Symposium on Information Theory (ISIT2011), St.Pertersburg (2011)
Riki Suzuki,Tadashi Wadayama,``Layered Index-less Indexed Flash Codes for Improving Average Performance'', IEEE International Symposium on Information Theory, 8/4, Saint-Petersburg, 2011

口頭発表

鈴木 理気, 和田山 正,``Non-Binary Coset Coding for Flash Memories'', フラッシュ符号ワークショップ, 3/15, 東京,2012
大槻 哲夫, 和田山 正,``On Progressive Edge Growth Construction for Spatially Coupled Codes of Finite Length'', SRC信号処理部会報告会, 3/9, 八重洲ホール,2012
不破 和広, 和田山 正,``Pure involution置換符号に基づく新しい置換符号について'', 電子情報通信学会技術研究報告, 1/20, 筑波大学,2012
木全 佑輔, 和田山 正,``多元LDPC符号に適したバースト誤り訂正アルゴリズムに関する復号誤り率の上界'', 第34回情報理論とその応用シンポジウム, 11/30,岩手県雫石, 2011
豊國 紘基, 和田山 正,``2次元磁気記録方式のための2次元隣接ビット制約符号化方式について'', 第34回情報理論とその応用シンポジウム, 11/30, 岩手県雫石, 2011
豊國 紘基,和田山 正,``A New Encoding Algorithm for 2D-Adjacent Polarity Constraint Codes,'' 情報ストレージ研究推進機構 信号処理部会報告会(湯河原),11/15,2011.
木全 佑輔,和田山 正,``An Upper Bound on Decoding Error Probability for a Burst Error Correcting Algorithm for q-ary LDPC Codes,'' 情報ストレージ研究推進機構 信号処理部会報告会(八重洲ホール),9/13,2011.
矢野 暁之,和田山 正,``ランダムグラフにおけるネットワーク信頼度の評価'', 電子情報通信学会技術研究報告(岡山大学), 7/22, 2011
小林 豊,和田山 正,``On Modification of Min-Sum Algorithm for One-dimensional Grain model,'' 情報ストレージ研究推進機構 信号処理部会報告会(飯田橋レインボービル),6/1,2011.

修士論文・卒業研究報告

(修士論文) 木全 佑輔 : 多元LDPC符号に適したバースト誤り訂正アルゴリズムに関する研究
(修士論文) 鈴木 理気: 平均性能を指標としたIndex-less Indexedフラッシュ符号の改善に関する研究
(修士論文) 豊國 紘基: 2次元磁気記録方式に適した2次元制約符号の設計
(修士論文) 不破 和広: 最適化技法に基づく誤り訂正符号に関する研究
(卒研報告) 大槻 哲央: 高符号化率LDPC符号の構成法に関する研究
(卒研報告) 下中 久賢: 低符号化率の連接型LDPC符号の平均重み分布に関する研究
(卒研報告) 藤井 勇樹: ランダムネットワークにおける最小カットに関する研究
(卒研報告) 湯川 大地: 置換符号を用いた有歪み情報源符号化に関する研究
(卒研報告) 渡辺 大起: 置換符号に基づく2元平衡符号に関する研究

受賞

2011年SITA奨励賞(2012年表彰) 豊國 紘基

2010年度(平成22年度)

論文

Tadashi Wadayama, ``Interior Point Decoding for Linear Vector Channels based on Convex Optimization,'' IEEE Trans. Inform. Theory, pp.4905-4921, vol.56, no.10, Oct. (2010)
Tadashi Wadayama, Keisuke Nakamura, Masayuki Yagita, Yuuki Funahashi, Shogo Usami, Ichi Takumi, ``Gradient Descent Bit Flipping Algorithms for Decoding LDPC Codes'', IEEE Trans. Comm., pp.1610-1614, vol.58, no.6, June (2010)
Tadashi Wadayama, ``On Undetected error probability of binary matrix ensembles'',IEEE Trans. Inform. Theory, pp.2168-2176, vol.56, no. 5, May (2010)

国際会議

Yoshiyuki Kabashima, Tadashi Wadayama, Toshiyuki Tanaka, ``Statistical mechanical analysis of a typical reconstruction limit of compressed sensing'', in Proceedings of IEEE International Symposium on Information Theory (ISIT2010), Austin (2010)

口頭発表

豊國 紘基,和田山 正,``2次元磁気記録方式のための隣接ビット制約符号化方式について'', 磁気記録・情報ストレージ研究会, 12/9, 愛媛大学, 2010
魚住 明寛, 和田山 正,``コスト制約付き最速マルコフ混合問題とそのセンサネットワークへの応用'', 第33回情報理論とその応用シンポジウム, 12/3, 信州松代ロイヤルホテル, 2010
今西 洋介, 和田山 正,``MIMO通信路に適した半正定値計画緩和符号'', 第33回情報理論とその応用シンポジウム, 12/2, 信州松代ロイヤルホテル, 2010
木全 佑輔, 和田山 正,``多元LDPC符号に適したバースト訂正アルゴリズム'', 第33回情報理論とその応用シンポジウム, 12/2,信州松代ロイヤルホテル, 2010
伊藤 慎吾, 和田山 正,``2次計画法に基づくCDMAマルチユーザ検出アルゴリズム-ビット反転法による性能改善-'', 第33回情報理論とその応用シンポジウム, 12/1,信州松代ロイヤルホテル, 2010
不破和広, 和田山正, ``差分写像法に基づくLDPC符号に適した反復復号法'', 電子情報通信学会技術研究報告, 9/22, 東北学院大学, 2010
豊國 紘基,和田山 正,``2次元磁気記録方式における離散ボロノイモデルの計算機実装について'', 映像情報メディア学会年次大会, 9/2, 愛媛大学,2010 
鈴木理気, 和田山正,``平均性能を指標とした改良型Index-less Indexedフラッシュ符号'' ,情報理論研究会, 7/26, 工学院大学, 2010
鈴木理気, 和田山正, ``平均書き換え可能回数を指標としたIndex-less Indexedフラッシュ符号の改善'', フラッシュメモリ符号化に関するワークショップ (名工大), 4/3, 2010
豊國紘基, 和田山正, ``TDMR方式におけるボロノイ離散グレインモデルの計算機実装について'', 第4回 高密度記録のための信号処理ワークショップ (豊田工大), 4/2, 2010
今西洋介, 和田山正, ``2次元符号間干渉通信路に適したニュートン等化器に関する考察'', 第4回 高密度記録のための信号処理ワークショップ (豊田工大), 4/2, 2010

修士論文・卒業研究報告

(修士論文) 伊藤 慎吾 : 2次計画法に基づく同期CDMAマルチユーザ検出に関する研究
(修士論文) 今西 洋介: 凸計画法に基づく復号アルゴリズムに関する研究
(修士論文) 魚住 明寛: コスト制約付き最速マルコフ混合問題とその応用に関する研究
(卒研報告) 小川 浩希: 2次元磁気記録方式における符号間干渉除去に関する研究
(卒研報告) 小林 豊: 2次元磁気記録方式に適したmin-sum復号法に関する研究
(卒研報告) 佐藤 達彦: 2次元磁気記録方式におけるボロノイ分割を用いた磁気記録層のモデル化
(卒研報告) 妹尾 健太: 半正定置緩和に基づく準最適化推定に関する研究
(卒研報告) 矢野 暁之: ネットワーク信頼度の近似計算手法に関する研究
(卒研報告) 横山 元気: マルチクラス判別における誤り訂正出力符号の構成法の改善に関する研究

書籍

和田山正, ``誤り訂正技術の基礎'',森北出版 7/6発刊, 2010
(分担執筆, LDPC符号の部分)和田山正, ``映像情報メディア工学大事典'',オーム社, 6/15発刊, 2010

解説

和田山正, ``圧縮センシングにおける完全再現十分条件について'', 日本神経回路学会誌, pp.63-69, Vol.17, no.2, 6月, 2010

共同研究等・グラント

科研費基盤C(1年目)凸最適化手法に基づくLDPC符号の復号法とその応用
情報ストレージ研究推進機構(SRC)

2009年度(平成21年度)

論文

Yoshiyuki Kabashima, Tadashi Wadayama, Toshiyuki Tanaka, ``A typical reconstruction limit for compressed sensing based on Lp-norm minimization'', Jounal of Statistical Mechanics: Theory and Experiment,L09003,http://www.iop.org/EJ/abstract/1742-5468/2009/09/L09003, (2009)
Makoto Miwa, Tadashi Wadayama, Ichi Takumi, ``A cutting-plane method based on redundant rows for improving fractional distance'', IEEE Journal on Selected Areas in Communications, pp.1005-1012, vol.27, no.6, Aug. (2009)

国際会議

Tadashi Wadayama, "On random construction of bipolar sensing matrix with compact representation" in Proceedings of IEEE Information Theory Workshop (Taormina, Sicily, Italy) (2009)
Tadashi Wadayama, "An LP decoding algorithm based on primal path-following interior point method" in Proceedings of IEEE International Symposium on Information Theory (ISIT2009), Seoul (2009)

口頭発表

魚住明寛, 和田山 正, 内匠 逸, ``主パス追跡内点法に基づくLP復号法の停止基準に関する検討'', 電子情報通信学会総合大会(東北大), 3/18, 2010
鈴木理気, 和田山 正, 内匠 逸, ``平均書き換え可能回数を指標とした Index-less Indexed フラッシュ符号の改善'', 電子情報通信学会総合大会(東北大), 3/18, 2010
Tadashi Wadayama, ``Implementation of linear programming decoding for LDPC codes based on interior point method'',第32回情報理論とその応用シンポジウム (山口県湯田温泉), 2009
藤田 さとみ, 和田山 正, 内匠 逸, ``複数の閾値を用いたGradient Descent Bit Fliping復号法'', 第32回情報理論とその応用シンポジウム (山口県湯田温泉), 2009
伊藤 慎吾, 和田山 正, 内匠 逸, ``2次計画法に基づくマルチユーザ検出アルゴリズムに関する考察'', 第32回情報理論とその応用シンポジウム (山口県湯田温泉), 2009
(本講演についてSITA奨励賞を頂戴いたしました)
今西 洋介, 和田山 正, 内匠 逸, ``2次元符号間干渉通信路に適したNewton等化器に関する考察'', 第32回情報理論とその応用シンポジウム (山口県湯田温泉), 2009.
伊藤 慎吾, 和田山 正, 内匠 逸, ``凸最適化を用いた同期CDMA方式におけるマルチユーザ検出法'', 電子情報通信学会情報理論研究会技術研究報告(大阪), 2009年7月

修士論文・卒業研究報告

(修士論文) 藤田 さとみ: LDPC 符号に適したビットフリッピング 復号法の性能改善に関する研究 (卒研報告) 不破 和広: LDPC 符号に適した マルチステージ復号法に関する研究 (卒研報告) 木全 佑輔: 3閾値 GDBF 復号法の 復号特性改善に関する研究 (卒研報告) 鈴木 理気: Index-less Indexedフラッシュ符号 の改善に関する研究 (卒研報告) 豊國 紘基: 2 次元磁気記録方式の 近似記録モデルの構成に関する研究

共同研究等・グラント

科研費特定領域(4年目)情報統計力学の深化と展開 (DEX-SMI) 情報ストレージ研究推進機構(SRC) 住友電工 シグリード

受賞

2009年SITA奨励賞(2010年表彰) 伊藤慎吾

2008年度(平成20年度)

論文

Tadashi Wadayama, ``Average Stopping Set Weight Distributions of Redundant Random Ensembles", IEEE Trans. Inform. Theory, pp.4991-5004, vol.54, no.11, Nov (2008)

国際会議

Tadashi Wadayama, Keisuke Nakamura, Masayuki Yagita, Yuuki Funahashi, Shogo Usami, Ichi Takumi, "Gradient descent bit flipping algorithms for decoding LDPC codes" in Proceedings of International Symposium on Information Theory and Its Applications , Auckland (2008).
Makoto Miwa, Tadashi Wadayama, Ichi Takumi,"A cutting plane method based on redundant rows for improving fractional distance", in Proceedings of International Symposium on Turbo coding & Related Topics, Lausanne (2008)
Tadashi Wadayama, "Interior point decoding for linear vector channels based on convex optimization" in Proceedings of IEEE International Symposium on Information Theory (ISIT2008), Tronto (2008)
Tadashi Wadayama, "On undetected error probability of binary matrix ensembles" in Proceedings of IEEE International Symposium on Information Theory (ISIT2008), Tronto (2008)

口頭発表

藤田 さとみ, 和田山 正, 内匠 逸, ``反転候補集合を利用したビットフリッピング復号法の計算量削減手法'', 電子情報通信学会2009年総合大会 (愛媛県愛媛大学),2009
Makoto Miwa, Tadashi Wadayama and Ichi Takumi, ``A Cutting Plane Method based on Redundant Rows for Improving Fractional Distance'', 電子情報通信学会情報理論研究会(函館), 2009年3月

修士論文・卒業研究報告

(修士論文)三輪 誠: Polyhedral Properties and Tighter Relaxation on Fundamental Polytope of LDPC Codes
(卒研報告)伊藤 慎吾: 同期式 CDMA 方式における凸計画法に基づくマルチユーザ検出法に関する研究
(卒研報告)今西 洋介: 記憶性雑音通信路における内点復号法に関する研究
(卒研報告)魚住 明寛: 内点復号法の計算量削減に関する研究
(卒研報告)岡本 拓: 内点復号法の固定小数点演算に基づく実装に関する基礎的考察
ホームページ作成素材 Cool Liberty